一日目の最初に入った所は、世界遺産となった、「旧木型場」三菱造船所資料館。こういう情報はある程度ネットで調べて行きますが、現地というかホテルにあった最新チラシも後にチェックします。

列車を降りてから、バス発車まで10分でしたので、逆方向になるホテルには行かず、バス停近くのコインロッカーに荷物を押し込む。車内で駅弁食べる予定が、連絡が良すぎて、買う時間がなかった。ここで、なんとか買おうと、バス発着場を確認してからと思いましたが、パス停は間違ってないのにバスがない?道路向かいにあるターミナルセンター内かと思いキョロキョロしていたら、
「旧木型場」行きのバスが、いつのまにか止まってました。

バス車内に荷物を置いて、ひとり急ぎで、売店に入るもすべて売り切れたようで弁当がない。しかたなく、揚げハムサンドとミルクコーヒーを調達。ワンパックに3個入ってましたが、1個で満腹というより、もういい~というほど、パッサパサ。ミルクコーヒーで押し込んで私は2個喰いましたが、カミさんは一個でギブ。2人分でツーパック買ってましたが、結局ワンパック残り。ホテルに持ち帰りましたが、ついに喰うことなく、ゴミ箱へ。あれは、なんだったんだろ~です。

このバスは完全予約制。同乗したのは10名ほどでした。事務員みたいなガイドさんも乗り込んで、移動中の20分はビデオで簡単な紹介と構内に入ってからはガイドさんから案内がありました。見学は50分となってましたが、館内説明する方の力が入りすぎたのが、私らの聞き入り方が良かったのか、50分まるまる解説してくれました。

DSC00388

DSC00367

DSC00381

DSC00395